会議の結果・・・やはり本音で話し合う場は必要なんだと感じました


まいど、あーくんです。

話の内容は詳しくは言えませんが、結果僕の主張の8割がたは呑んでくれたように思います。

これでしばらくは仕事は続けることになりますが、来年春から完全新体制にわが社は今後移行することになりそうです。

先日書いた内容の一つで、最前線を抜けて後進の指導に当たることになりそうです。

それが吉と出るか凶と出るかは解りませんが・・・。

給料はかなり下がりますが(新入社員よりも少ないと思います)、今後自由度と会社の権限がかなり上がることを意味します。

部隊で言う独立遊撃隊みたいな位置。解りずらい?

確実に成果を上げてこいと言う部隊では無く、新しい仕事を取ってこいみたいな?

それも競合しないようにジャンルが全く別の。

会社には所属するが、独立採算の自分の会社を立ち上げるみたいな立ち位置です。

やはりギブアンドテイクで、今まで会社に貢献している自負がある人はある程度は主張した方がいいと言う証明が出来たと思います。

よく言う「権利を主張するなら義務を果たせ」というやつです。

今後僕にとって良くなっていくのか、どうなるかは分かりませんがとりあえずスッキリはしました。

お互いに本音で話し合えたと思います。

しばらくは地獄のままですが、蜘蛛の糸が垂れ、うっすらと光が見えたような気がします。

会社側は確実に固定費を減らせる(人件費)、僕の方は最低限の売り上げを作るのはありますが、今後かなり自由に動くことが出来る(休みたいときは自由に会社を休める)。

いつまで続くか分かりませんが、完全なセミリタイアとはいきませんが、限りなく近い状態にもっていくことが可能ということです。

フリーランスに近い状態と言うのでしょうか?


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




スポンサーリンク
w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。