「好き」とは条件を抜きにしても何かに没頭出来ること


まいど、あーくんです。

私には夢を実現した幼馴染の友人がいます。

彼は自分の好きなジャンルで生計を立てています。

先日久しぶりに幼馴染から急に電話がありました。

それも超勤務時間中に!!

理由を聞いたら、僕の家の最寄り駅を通過したからだって。

なんじゃそれ?

でも何だか嬉しいですね。

近くを通ったら私の事を思い出してくれて、理由も無く電話してくれるのはこんな年齢になると妙に嬉しいかぎりです。

だってここ最近、仕事の電話か嫁さんか、たま~に友人から飲みのお誘いくらいです。

スポンサーリンク
w広告画面下左




自由に生きるって、大変だけど素晴らしい

幼馴染は夢追い人で本当に実現した

彼は僕の周りでは珍しいのですが、フリーランスの人です。

どこかに所属せず、色々な会社にオファーされたら仕事を受けるスタイルです。

サッカーが好きすぎて、海外に飛び出してヨーロッパでサッカー関連の仕事をして、今はサッカーに限らず日本や海外で色々な橋渡し的な仕事しています。

若い当時はびっくりしましたよ。

働いていた会社を辞めて、いきなり「海外に行く」と言い出しましたからね。

だって何のコネもなく単身いきなりヨーロッパでサッカー関連の仕事を探すって言ったときは、「正直無理だろ」と思いましたもん。

ただ10年以上海外で仕事して暮らし、一段落して帰ってきました。

本当に尊敬すべき友人です。

私はその友人によく言います。

「お前はすごいよ。単身渡って好きなことを仕事にすることが出来て・・・」みたいなことをよく言う。

友人は、「逆にあーくんとかの方が凄いよ。家庭を持って堅実に生活してる。俺は収入が安定しないからいまだに独身(こんな生き方はどうも女子ウケはよくないみたい)だし、今はちょっとでも安定させるために老人ホームの営業もやっているよ。結構適当だけど(笑)、今日の営業なんて30分で終わっちゃった。」

「好きな事をする」って何なんだろうな?

本当に好きなことって何なんだろう?

この友人も時々考えるみたいだが、間違いなく友人は自分の頭で考え行動し、生き抜いている。

私から見たら自分の知恵と努力で生き抜いているように見える。

私にはいつも大したことはないと謙遜するが、今までなんだかんだで立派に生き抜いている。

普通に飲みにもいけるくらいだから極端に収入が無いという訳ではなかろう。

心のどこかで思う、彼に続きたいと・・・

私はいつも彼に刺激を貰う。

今思い返すと彼は「大変だ」とは口にするが、仕事の愚痴など聞いたことがないな。

いい様に言えば、仕事は大変なんだがやりがいがあるんだろうな。

今度会う時は私は今の心の中を少し話してみようと思っている。

4月からは嘱託社員となり、最終的にはセミリタイアをして好きな事をして働く予定だと。

彼はどんな反応をするだろうか?

親や周りの友人は一応に「止めておけ」と言われた。

今まで積んできたキャリアを辞めるのがもったいないと。

私はこれからおそらく周りの人とは若干違う道を歩みだそうとしている。

先は見えないかもしれないが、「純粋にどこでも生きていける強さが欲しい(サバイバルという意味ではないですよ)」「自分が納得出来る選択をしていきたい」

と40歳を越えてその思いが強くなった。

もしかしたら昔から私は幼馴染の友人をどこかでずっと憧れていたのかもしれないね。

「好き」とは条件を抜きにしても没頭(熱中)できること

幼馴染の友人は人には言わないが、おそらく人一倍努力をしてきたんだと思う。

つらいこともいっぱいあったんだと思う。

でも人一倍努力が出来たのは、そのこと(彼はサッカー)が熱中できるくらい好きだったからなんだと思う。

はたして私は今の仕事で人一倍努力が出来るだろうか?

つらい中にも楽しみを見つけることが出来るのだろうか?

自分の貴重な人生を費やして今の仕事をし続けることが出来るのだろうか?

経験値が上がってきて、より要領よく仕事をすることが出来たとしても情熱はそこまで注げない。

心のどこかで「時間の無駄だ」と思って諦めてしまうだろう。

最近セミリタイアを目指していてよく考えることは、「仕事の基準を給料が多いか少ないか」、「仕事内容が楽なのかしんどいか」、「会社が安定しているのか安定してないのか」では無いのではないか?と考えるようになった。

この年齢になってそのような基準を超えたところ、つまり楽しいか楽しくないか、満足できるかできないか、没頭できるかできないかの基準点に変わりつつあるのではないかと思うようになった。

もしかしたら満足感はあるけど給料が無い状態がしばらく続くかもしれない。

セミリタイア資金があれば、心の余裕を少しでも長く保てる方法だと思っています。

最低限の生活の確保が保たれ、心の余裕が保たれ、一生何かに没頭できる。

人生でこれほど幸せなことは無いのではないでしょうか?

p.s

ちなみに、私は「どうせ好きなことをやるからには仕事をする」と結び付けていますが、これは人によってはボランティアであったり、旅行であったり、没頭できるのがあれば何でも良いと思っています。


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。