なぜセミリタイアを目指すのか(パート5)


セミリタイアへの道を目指す                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   僕がなぜセミリタイアを目指すようになったのかは、色々ありますが、その一つが人生は一度きりなので出来るだけ後悔はしたくないというのがあります。

正直に言いますと僕の今までの人生は自分の中では後悔ばかりのような気がします。皆さんはどうですか?

学生時代だったら、もうちょっと勉強しておけばよかったとか、ずっと好きだったあの子に失敗してもダメだったとしても告白しておけばよかったとか、部活ももうちょっと体力の限界までやればよかったとか、

社会にでると自分に妥協せずもうちょっと頑張って就職活動して高みを目指せばよかっただとか色々と後悔することが出てきます。

けれども今後悔してもすべて遅いですし、どうしようもありません。その時その時にやっておかないと取り戻せません。

以前テレビでやっていましたが、心理学ではやってみて失敗した後悔よりもやらずに「やっておいたらよかった」と思う後悔の方が一生引きずってしまうそうです。

自己紹介でも書いていますが僕は変なくだらないプライドが邪魔してか、石橋を叩いて渡らないような性格です。

何度も書いていますが、人生一度きりでリセットは出来ませんのでなるべく後悔しないで生きていきたいです。死ぬときにまあ満足と思えるような・・・。

それを実現するためのセミリタイアにしたいですね。

今日のまとめ

人生一度きりです。僕はいろいろな世界を見て、色々な人に出会い、ずっとやりたかったことを一生かけてやりたいものですね。


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




スポンサーリンク
w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。