僕にも金持ち(資産家)になりたいと思う頃がありましたよ


まいど、あーくんです。

ほとんどの人がお金持ちになりたいと考えたことがあるのではないでしょうか?

僕ももちろんあります。

仕事をバリバリして成功して大金を手に入れて、豪遊する。

そして、一般庶民どもを見下し、「控えおろー」って(笑)

まあ、これは冗談ですが、少なからずそんな夢がありました。

ただ、成果に対して一向に上がらない収入や増え続けるストレスに悩まされ、「ん?」と考えるようになりました。

そして色々と考えた結果、出世を諦め?ました。

でもですね、世の中それ以外にもいっっっっぱい!!楽しいことがありますよ。

スポンサーリンク
w広告画面下左




成果を出せば必ず結果が出るという浅はかな考え

教科書的と言いますか、何かの自己啓発本と言いますか、どうも僕は美談が好きなようです。

いわゆる美談バカですね。

「努力をし続けて成果が出れば、おのずと結果が付いてくる」

この言葉をモットーに僕は頑張り続けました。

しかし最初に答えを言っちゃいますが、成果を出しても結果は付いてきません。

何故って?

それは僕は経営者では無いからです。

簡単な例ですが、大企業ならいざ知らず、いくら一社員が社長よりも努力したとしても経営者よりも給料が高いことなんて考えられないでしょ?

そういう事です。

金持ちの道は険しい・・・

「だったら独立して会社を立ち上げろよ」

と言うと思います。

僕もその道を考えました。

「今と同じ仕事内容の会社を立ち上げようかな」と。

資産家(お金持ち)になるには、会社を成功させるのが近道ですから。

会社の存続率を調べると

あなたは会社の生存率を知っていますか?

国税庁のデータによると、

会社を立ち上げてから、

設立年数 生存率
5年後 約15%
10年後 約6%
20年後 約0.4%

です。

10年後に生き残れる可能性はたったの約6%、20年後に至っては約0.4%です。

こんなのほぼ0%に等しいですよ。

今の時代、相当な風が吹くか、0.4%に入れるくらいの生き残りプランが無いと会社としては存続できないということです。

投資の感覚で言えば、超ハイリスク・超ハイリターンの世界です。

こんな投資やる意味ありますか?

労力・人生を最大限に捧げる、ギャンブルです。

相当立ち上げる会社の仕事が好きでお金なんて後から付いてくるぐらいの人でないと無理でしょうね。

健康1番、お金が2番

もちろんお金はとても大事です。

今の日本社会ではお金がないと文明的な生活ができません。

その為に今は少ないながらも頑張って貯金して、投資してコツコツと増やしています。

ある程度資産が貯まってきたら、好きな仕事(低収入なんです)にシフトして一生働けたら幸せかなと思っています。

もともとあまり贅沢をしたことがないので、今の生活水準のレベルでシミュレーションをして一生食べていけるか?

これで生きていける水準になったら、そちらにシフトしようかなと思っています。

それまでは、たとえ地獄であろうがギリギリまで粘ります!!

健康が一番と書いたのは、何をするにも身体が健康でないと何もできないからです。

いくら金持ちでも死んでしまったら意味ないですからね。

現時点での目標設定

あくまでも現時点の目標ですが(時々変わります)、

金融資産5000万円

不労所得年収100万円以上

これが僕の現時点の目標です。

なぜ不労所得年収?

なぜ不労所得年収を100万円にしたかと言いますと、僕がやりたい仕事(内緒ですが人の為に役立つ仕事)が本当に1円でも収入が入るのか不安だからです。

ただどうしてもやりたいので最低限の目標として不労所得(家賃収入・ネット副業・投資配当金)で100万円を設定しました。

この設定がスタート地点になります。

これでもし新しい仕事で収入がゼロでもしばらく何とかやっていけます。

生活が著しく不安定だと新しい悩みが産まれてくる

セミリタイアを始めて、将来があまりにも不安定ですと今のつらい状況から逃げることが出来たとしても結局そのことで新たな悩みが生じます。

その悩みをなるべく少なくする為に、やはりセミリタイア資金は自分にあった水準で何度でもシミュレーションをする必要があります。

それが不安要因を少しでも小さくする唯一の方法です。

お金持ちを目指すという夢は諦めましたが、精神的にお金持ち(裕福)になるという夢はまだ諦めていませんよ。


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。