まずはお金をどう確保していくか、運用はそれから・・・


まいど、あーくんです。

休みっていうのは、本当に早く終わりますな。

何かおごってばっかりの休日だった。

そして墓参りしかしてない感覚だ・・・お盆なんで当たり前なんですけど。

今日はすぐお金を使ってしまう自分に対して言うつもりで、

「お金をしっかり貯めとけよ、あくまでもそれから運用だ」

と言っておきたい。(苦笑)

スポンサーリンク
w広告画面下左




 リスクの低い運用をするにはある程度の資金が必要

よく金融商品や不動産投資の宣伝文句に「低い資金で運用可能」的な宣伝をよく目にします。

良い時代になりました。

確かに運用自体は何も問題無く低予算から出来ます。

ただしそれには色々なタイプの商品がありますので注意が必要です。

早くお金持ちになりたい気持ちは解りますが焦りは禁物です。

 100円からの投資信託の買い付け開始

僕が知っている範囲の証券会社ですが、SBI・楽天・マネックス・松井・岡三で100円からの投資信託の買い付けが出来るようになりました。

たとえ100円の商品を4%で運用しても年間4円(税抜き)なので、正直安く買えるようになったというメリットだけです。

ただ恐ろしいほど分散投資が出来るかな?

銘柄が沢山購入出来だけでなく、時間の分散も出来やすくなります。(かなり面倒くさいですが)

それとある程度資金が大きく貯まる前に早め早めに投資資金を投入できるメリットがあります(買い逃しが、しにくくなります)。

デメリットを言っておくと金額が非常に小さい為に初期のころは相当の根気が必要になってくるということくらいでしょう。

「塵も積もれば山となる」の塵が中々積もらない・・・。

なのでやっぱり運用も大事だがそれまでの資金を調達することがもっと大事となるし、そちらに労力を使った方がスピードが速い。

 レバレッジを利かすことが出来る商品

信用取引やFXなどが代表されると思います。

僕は特にFXをやっていますが、小さな金額で大きな額を懸けることが出来るのはメリットでありデメリットでもあります。

成りあがり率ナンバーワンです(笑)

現在は25倍くらいがマックスらしいのですが、ちょっと前までは100倍以上のレバレッジもありました。

買っても100倍ですが負けても100倍です。こえ~。

セミリタイアを目指している時は一発ねらいもありかもしれませんが、すでにセミリタイアしている方や年金生活者は扱い方に大変注意が必要になってきます。

後、税金が高いこともネックかもしれませんね。※総合課税です。ただしクリック365は申告分離課税です。

 不動産投資は金融機関からの借り入れ

不動産投資は、持ち家を購入された方と同じく購入金額が大きくなりやすい為に大体の方はローンで購入します。

このローン比率に注意が必要です。

メリットは株やFXと違って金融機関からお金の借り入れが出来ることなのですが、身の丈にあわず全額ローンで購入する人も多いのが事実です。

実質自分で出したお金は0円でマンションが買うことが出来ちゃいます。

よく雑誌とか美味いように書いてますやん。

「無一文から爆速で資産10億円にした秘訣」

みたいな。

これって銀行で借り入れして物件を買って、それを担保にしてまた借りて新たに物件を買うの繰り返しで資産をどんどん大きくしていく。

これってよく読んでみると、商売でいう手形を切るような形態で、売り上げ金額は大きくしやすいがその実、資金の先食いで実際の利益はだいぶ後に入ってくるという感じに見えます。

そして資金の全部が繋がっているので、どこか一つ空回りが始まるとあれよあれよという内に負の連鎖が始まるようにしか見えないんですよね。

その後のローン返済(空室率・税金・修繕費問題等)を如何に問題なく返済できるかですが、まさに自転車操業状態。

アパートなんて新築時はすぐに埋まりますが、築年数が古くなればなるほど空室率は上がるは家賃は劇的に下がっていくわで、そこのリスクをキチンと計算に入れておかないといけません。

気を付けなければいけないことは色々とありますがその一つは、とっても基本的で単純なのですがローン利率が低く借りれる信用度のある人はいずれにしてもお金持ち(資産家)ということです。

つまり極端な話、自己資金で購入するお金はあるけども敢えて銀行から借りて、不動産投資をしている人が成功しやすいということです。

逆に無一文の人に同じように銀行が貸したとしても不動産投資は相当な知恵が無いと行き詰るということです。

まず基本的にローン利率が高いです。

銀行は1000万円持っている人、もしくは1000万円稼いでいる人に1000万円貸したがります。

逆に0円の人に1000万円貸してくれません。

富裕層がより金持ちになっていく所以です。

今は利率が安いとお思いでしょうが、優良物件自体が現在かなり高いのでプラスマイナスゼロです。

明らかに3年前の値段と今では全然違います。

今後利率の安さに焦って高値で購入したがアパートローンで苦しみ返済できなくなって、物件を格安で手放す人がかなり出てくると予想されます。

現在も新築アパートがバンバン建っていますので手放すのを待って、その時までこつこつと金融機関に信用を付けておいて物件を買いたたくのもありかもです。

 リスクとリターンは一体だ

結局なところすべてのものはリターンを上げれば上げるほど、リスクが上がっていきますので、そのリスクを少しでも下げるにはどれだけ元金を大きく出来るかに掛かっています。

元金が大きければ大きいほど低リスクでもリターンがある。

元金100万円で年利50%の利回りを選ぶよりも元金1000万円で年利5%を狙った方が同じ金額でも確実に50万円は入ってくる可能性が高いです。

要は金持ちになるためには、もちろん金融知識は必要でしょうが、それ以上に仕事であれ副業であれアルバイトであれ、どれだけ多くのお金を集めることが出来るかに意識を集中させる方がよりはやくセミリタイアできるのではないでしょうか?

利回りだけでいうと、ほとんどの人が金額の上下はあれど毎月貰える給料の方が資産運用の配当金よりも多いと思います。

資産運用が給料を逆転するまでは、メインが給料でサブで資産運用をする。

これが最も確実に低リスクで資産を増やす方法です。

後は元金を大きくしていき、再投資で複利の力を最大限に利用していけば長期になればなるほど貯まるスピードが大きくなっていくはずです。(現在更新中なので結果は・・・)

気持ちが折れそうになりますけど・・・。


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。