良い情報が舞い込む?今週も綱渡りの「トルコリラ」!!


まいど、あーくんです。

なんでこんなに1週間って早いんでしょうか?

人生なんてあっという間に終わっちゃいそうですね。

週末の私の「トルコリラ」です。

波乱万丈の「トルコリラ」もなんかいい動きはあるのでしょうか?

スポンサーリンク
w広告画面下左




今週一週間のトルコリラの増減状況

日付 資産価値 増減(%) 金額(増減)

トルコ/円

為替レート

2012年10月(購入時) 367850円 @43.838
2018年8月11日 199000円 46%減 マイナス168000円 @17.259
8月18日 189247円 48.56%減 マイナス178603円 @18.913
8月25日 182821円 51.31%減 マイナス185029円 @18.509
9月1日 168920円 54.08%減 マイナス198930円 @16.938
9月8日 169207円 54.01%減 マイナス198643円 @17.375
9月15日 185416円 49.6%減 マイナス182434円 @18.163
9月22日 182677円 50.34%減 マイナス185173円 @17.878
9月29日 192895円 47.57%減 マイナス174955円 @18.71

※為替の変動が大きいため、正確なデータではありません。あくまでも参考値です。

※現在、私はトルコリラを運用しているのは外貨MMF・外貨建て債券です。(この通貨に限ってはFXでは運用していません。)

トルコリラの感想・文句と一応今後の状況(参考にしないでください)

再び損失が5割に復活!!

頑張れトルコ!!

そしてちょっとだけですが、良い情報が入ってきましたね。

先日トルコで監禁されているアメリカ人牧師が10月中に開放されるのではないかという情報が入ってきました。

こういったものの類は本当かウソかなんてどっちでもいいんです。

情報が出てきたというだけでいいんです。

今後情報通りになって、牧師が解放されてアメリカの圧力が和らいできたら追い風になりそうですが、果たしてどうなることやら・・・。

もうひと悶着ありそうですがね。

先日ドイツとの会見で人権やらの価値観は依然として対立は根深いものの経済協力はするみたいです。

なんだかんだでユーロにとってトルコは地理上、手放すことが出来ないですから、今後も付かず離れずが続きますね。

トルコもそのことは十分承知していますので、それを駆け引きに使ってきます。

今後為替が安定してきて30円代に戻ることを期待しています。

あとは何度もいいますが、根本的な問題である「インフレ体質」をどうにかしないと同じ事の繰り返しですね。

これ昔から全然変わっていません。

長期運用型のFXの利用方法

最初に言っておきます。私はFXでさえも長期運用しかしていません。

先日、83円で購入した円/ドルを110円で一部決済しました。

FXはリスクの高い超短期型の投機手段と思っては無いでしょうか?

やり方(視点)を変えたら、超便利な外貨運用になりえます。

私の場合はトルコリラはFXをしていませんが現在、アメリカドル・オーストラリアドル・南アフリカランド・ポーランドズロチを低レバレッジで分散投資・長期運用しています。

購入当時は赤字でしたが、すべて現時点では含み益が出ています。

低レバレッジで運用すれば、外貨貯金よりも圧倒的に流動性があり(すぐに解約できる)、スワップ(金利)が圧倒的に高いのが魅力です。

1倍で運用したら、普通の外貨預金と同じことになりますが(税制は違いますよ)、入ってくる金利が手数料などの差額で外貨預金よりも大きいですし、よく許容範囲と言われている3倍までレバレッジをかけていけばスワップ金利も3倍で入ってきます。

ちなみに私は慎重派なので約1.5倍のレバレッジで長期運用中です。

※利益が出ているものを公表しても面白くもなんともないでしょうから、現在大きく絶賛赤字中のトルコリラを取り上げています。(苦笑)


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。