出口はどこ?損失拡大中!!今週も地獄の「トルコリラ」!!



まいど、あーくんです。

今週は一日だけ出社して、もう終わり。

毎週こんな感じだったら、いつまでも仕事を続けるのに・・・。

「トルコリラ」が投資家ブログ界隈で話題(?)になっていますので、私も「トルコリラ」について書いていこうと思います。

ただし私の場合は、詳しい分析とかいつが買い時・売り時とかは全くわかりませんし、当たりませんので、そのようなものは詳しい人に聞いてください。

私は単純に先週に比べてどれくらい増減しているのか発表するだけですのであしからず!!

その増減の事実を客観的に時系列に観察することで何か見えることがあると思います。

未来を知ることは出来ませんが、過去に学ぶことはあると思います。

↓ちなみに先週の「トルコリラ」ブログはこちら↓

「トルコリラ」まじかよ、でも不謹慎だが面白くなってきた!!

スポンサーリンク
w広告画面下左




今週のトルコリラの増減状況

日付 資産価値 増減(%) 金額(増減)

トルコ/円   為替レート

2012年 10月 367850円 @43.838-
2018年8/11 199000円 46%減 マイナス  168000円 @17.259-
8/18 189247円 48.56%減 マイナス 178603円 @18.913-

※為替の変動が大きいため、正確なデータではありません。あくまでも参考値です。

※現在、トルコリラを運用しているのは外貨MMF・外貨建て債券です。(この通貨に限ってはFXでは運用していません。)

感想と一応今後の状況(参考にしないでください)

理由はよくわからないが、トルコリラのレートは若干ですが、小反発して戻っています。

なのに私のマイナス幅は増えている(なぜ?)

理由はよくわからないが、とりあえず週末の私の保有している証券会社の参考価格で表示していこうと思います。

Twitter界隈では、うん千万円の損失とかハイレバレッジ組がとことんやられていますわ。

この通貨でハイレバは怖いですよ。

最悪でも円/ドルを基準にしてどれくらい許容できるか考えておかないといけませんよ。

私は約6年間、超危険なトルコリラをほったらかしにしています。

購入した当時のレートは、約43.838円。

現在は約18.913円です。(購入当時を基準にしますと現在43.14%)

もう半値をとっくに越えています。

約60%オフのバーゲン状態、しかもまだまだ落ちていきそうな気配・・・。

しかし金融資産の方は高金利のため、購入当時を基準にして現在約52%です。

まだ半値にはなってはいません(ほとんど半値だが・・・)

国同士の意地の張り合いでしばらくはこの膠着状態が続きそう

トルコは経済が音を上げるまで意地を張るのだろうか?

しかしこの問題が起こる以前からリーマンショック以降トルコ経済は完全におかしかったのは否めませんけどね。

そして今回のアメリカとの喧嘩で追い打ちをかけたという方が自然かな?

とりあえずはすぐに金利を上げろ!!

じゃないと本当にみんな資金を引き揚げるぞ!!

ただでさえリスクが高いのに・・・。

市場は政治の駆け引きの世界とは基本的には関係ない、リスクとリターンの追求のみだ。

抵抗して市場にゆがみをもたらすとそこを突かれて追い打ちをかけられぞ!!

長期運用型のFXの利用方法

FXは超短期型の投機手段と思っては無いでしょうか?

やり方(視点)を変えたら、超便利な外貨運用になりえます。

トルコリラはFXをしていませんが、私は現在、アメリカドル・オーストラリアドル・南アフリカランド・ポーランドズロチを低レバレッジで長期運用しています。

購入当時は赤字でしたが、すべて現時点では含み益が出ています。

低レバレッジで運用すれば、外貨貯金よりも圧倒的に流動性があり(すぐに解約できる)、スワップ(金利)が圧倒的に高いのが魅力です。

1倍で運用したら、普通の外貨預金と同じことになりますが(税制は違いますよ)、入ってくる金利が外貨預金よりも大きく違いますし、よく許容範囲と言われている3倍までレバレッジをかけていけばスワップ金利も3倍で入ってきます。

ちなみに私は慎重派なので約1.5倍のレバレッジで長期運用中です。

※利益が出ているものを公表しても面白くもなんともないので、現在大きく絶賛赤字中のトルコリラを取り上げています。(笑)


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。