アメリカ人牧師を開放へ!!、動きがあるのか?今週の「トルコリラ」



まいど、あーくんです。

とうとう大きな動きが出てきました!!

ずっとニュースにでてきました、最大の懸案「米国人牧師の開放」です。

発表が週末だったから動きがあったのでしょうか?

恒例の週末のトルコリラはどうなのでしょうか?

前回から表のデザインを軽く変更しました。

かなり増えてきたので簡易化しました。

スポンサーリンク
w広告画面下左




今週一週間のトルコリラ投資の増減状況

日付 2012/10 2018/8末 9/末 10/6 10/13
資産価値(円) 367850 182821 192895 187009 194524
増減(%) 51.31減 47.57減 49.17減 47.12減
増減金額(円) -185029 -174955 -192895 -1733626
トルコ/円為替レート @43.838 @18.509 @18.71 @18.493 @19.100

※前回より横長タイプのグラフに変更、そして毎週分はかなり増えてきたので過去のデータは月末時点の数字を載せました。

※為替の変動が大きいため、正確なデータではありません。あくまでも参考値です。

※現在、私はトルコリラを運用しているのは外貨MMF・外貨建て債券です。(この通貨に限ってはFXでは運用していません。)

トルコリラの感想・文句と一応今後の状況(参考にしないでください)

ちょっとだけ再び復活!!

ずっと両国で言い争いをしていた「米国人牧師」が解放されました。

これで少しは政治的な安定が見られることでしょう。

ただ週末の発表なので大きな動きはありませんでした。

それとニュースでは為替の下落理由を「牧師」問題にしていますが、根本的な理由はもっと違うような?

慢性的な経常収支の赤字を直していかないと今後もずっと同じような状況が続くと思います。

だって慢性的にお金が海外へ逃げていくからどうしても為替が下落してしまう。

※日本は全く逆で低金利にしてもお金が集まってしまう。だから無理くり量的緩和でお金の価値を低くして円安に持っていく政策をしている。

後はテロの脅威なんでしょうね。

場所が場所だけに政治がどうしても不安定化してしまいます。

可哀想と言えば可哀想・・・。

こう見ると問題が山積みですね。

しかしちょっとでも改善の動きが見えれば、すぐに反転していくだけの自力はあると思いますので、もうちょっとの努力と忍耐を!!

長期運用型のFXの利用方法

最初に言っておきます。私はFXでさえも長期運用しかしていません。

先日、83円で購入した円/ドルを110円で一部決済しました。

FXはリスクの高い超短期型の投機手段と思っては無いでしょうか?

やり方(視点)を変えたら、超便利な外貨運用になりえます。

私の場合はトルコリラはFXをしていませんが現在、アメリカドル・オーストラリアドル・南アフリカランド・ポーランドズロチを低レバレッジで分散投資・長期運用しています。

購入当時は赤字でしたが、すべて現時点では含み益が出ています。

低レバレッジで運用すれば、外貨貯金よりも圧倒的に流動性があり(すぐに解約できる)、スワップ(金利)が圧倒的に高いのが魅力です。

1倍で運用したら、普通の外貨預金と同じことになりますが(税制は違いますよ)、入ってくる金利が手数料などの差額で外貨預金よりも大きいですし、よく許容範囲と言われている3倍までレバレッジをかけていけばスワップ金利も3倍で入ってきます。

ちなみに私は慎重派なので約1.5倍のレバレッジで長期運用中です。

※利益が出ているものを公表しても面白くもなんともないでしょうから、現在大きく絶賛赤字中のトルコリラを取り上げています。(苦笑)


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。