セミリタイアをすると人生2大支出が簡単に極端に減らせる?


まいど、あーくんです。

現時点で私が一番有効だと考えているのが、誰にも有無を言わせぬほどの高収入なかたは別にして、

「セミリタイアの理想形は低収入だが一定した不労所得があり、ある程度の金融資産がある状態が一番支払う税金が少なく、生活が楽になるのかな」と感じていることです。

スポンサーリンク
w広告画面下左




二大支出とは税金・社会保険料と住宅費!!

日本にいてたいした贅沢もせずとも普通に生活をしていて何が一番出費が多いと思いますか?

そうです住宅費と税金・社会保険料です。

ほぼここの二つが多くの支払いを占めていると考えてもいいでしょう。

今後も増えること(増税)はあっても減ることは絶対にありません。

当然ここを減らすことができたらかなり出費を減らせます。

税金・社会保険料は最も支払いの多いジャンルの一つ

なぜなら頑張って収入を増やしてしまうと所得税が半端なく取られます。

あと社会保険料も増えていきます。

逆にずっと低所得だとしても今度は消費税で苦しみます。※収入に占める比率が高くなるの

当然きつい。

日本は低所得でも一定比率取られて、高収入になってもがっぽり取られていきます。

なので自ずと各自が収入に対して最も支払う比率が高いのは税金となります。

お次に住宅費!!

これも文化的に生きていくには、家に住まないと生きていけませんから持ち家であろうが賃貸であろうがどうしても比率が大きくなります。

ここのバランスがおかしい人は100%セミリタイア出来ません。

一生ローン地獄プラス固定資産税か、見栄で高い物件(修繕費)に住み続けます。(これで自己満足できていたら良いのですが)

それだけ一生涯における収入に対して、住宅の支払いに占める金額が大きいのが現実です。

セミリタイアを目指している人は自ずと住宅に関してはダウンサイジングをするか住宅ローンの早期完済を目指す人が多いです。

例えば、実家暮らしの人の貯金を聞いたらびっくりすることありません?

私の友人もびっくりするぐらい貯金ありましたもん。

「えっ、手取り20万円くらいでもう貯金が2000万円超え?」

まあ食費などの生活費もありますけど、実家暮らしおそるべしです。

私の場合は働きだして結構早めに家を出てしまいました。

親父との仲があまり良くなかったもので(苦笑)・・・。

苦もせず一緒に暮らしていたらもっと貯まっていたかもですね。

なぜセミリタイアがいいのか?

冒頭にも書きましたが、私のセミリタイアの理想は、金融資産を持ち、低収入の不労所得を持つことです。

これは先ほどの二大支出を劇的に減らすことが出来るからです。

収入が少ないので支払う税金が極端に少なく、消費税も最低税率の収入を超えるほどの支出はしませんので楽になるのです。

税率という視点で見るとやはり投資家はかなりの優遇措置です。

そしてセミリタイアをしている人は大概は資産運用をしていますが、ここでも税金は抜かれるのですが、最大でも20パーセントです。

所得税プラス社会保険料に比べると全然低いし、何しろ不労所得に対しての税金です。

あと住宅費ももちろん地域もありますが、中古ですといくらでも安い家があります。

一戸建てで200万円とか。(築50年)

プラス700万円でリフォーム工事をすると相当な物件になります。(耐震補強もつけてです)

しかも最近は地域によって補助金をだしてくれますから割り引きできます。

まあ価値観の違いでしょうが、同じ地域で新築で4500万円、中古全面リフォームで1000万円です。ぶっちゃけ固定資産税などの税金も全然違います。(ちなみに新築には新築プレミアムといって市場価格よりも値段が高いです)

どこで妥協できるかでしょうけど、私は余分の3500万円分を買った時点から値下がりを始める支払いに充てるより資産運用に使いたいですね。

最後に「だったら不労所得を極限までに増やした方がいいんじゃない?」

と思う人もいるでしょうがこれも違うと思うのです。

不労所得とは言っても自分のお金もしくは他人(銀行)に借りたお金に働いてもらいます。

そこにはたとえ自身のお金であっても金額が上がれば上がるほど必ず強烈な「ストレス」がかかるのです。

これは高収入のビジネスマンと同じ構造です。

これだとセミリタイアをする意味が私にはありません。

おまけ:生活費ももちろん減ります

おまけに、プラスα(アルファ)通常の生活費の支出もかなり減りましたよ。

一番大きいのは「外食費」です。

今もたまには行きますが頻度はかなり減っています。

昼ごはんから、たまに行く喫茶店、付き合いの飲み会やストレス発散のための居酒屋、プラス休日のストレス発散や見栄の為のファッションや娯楽地などの遊行費など・・・。

おそらく月に換算しても数万円は削減出来ています。

年間に換算すると20万円以上は削減出来ていますね。

しかもストレスを感じずにです!!


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




コメント

  1. deefe より:

    けっきょく働いても無駄な金を払うのにほぼ費やされてるだけになってるよな

    • あー君 より:

      deefeさん:ありがとうございます。
      以前の私にも言えるんですが、働けば働くほど、無駄に費やすの多くなるですよね。
      飲み会・買い物・旅行など、すべてがストレス発散のための出費につながる場合が多い。
      タバコと同じ感覚。
      ダメだと分かっていても吸わないとイライラしちゃうみたいな?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。