私、このままだと会社を訴えるかもしれない・・・


まいど、あーくんです。

仕事中です。

心を落ち着かせるためにブログを利用させてもらっています(苦笑)

あまりにも腹が立つと言いますか、どちらかと言いますとガッカリ、いや悲しくなりました。

何だか裏切られた感でいっぱいです。

私は今年の4月から会社に完全に復職しています。

4月から雇われ社長に復帰です。

しかも会社改革を担っていますので、現在は最後に全員が帰った後に一人でイメージを形作る仕事をして残業をしています。

今までとは比較にならないほど頭を使っています。

だって無いものをどう形を作るかを考えていますから。

さて題名を見てびっくりされます?

なぜこんなことを言っているかって?

それは単純に4月・5月と給料の額面が21万円だったからです。

新入社員ではありませんよ。

一応社長です。(オーナーがべつにいます)

4月は決算の手続き関係上切り替えが難しいため、去年の休養時の給料のままというのは何となくですが理解が出来るのですが、なんと今月も同じ給料だったのです。

「何で?」

と確認したが、何だか意味の分からないことをごにゃごにゃ言っていました。

税金がどうのこうの言っていました。

社長で21万円ですよ!!

しかも2か月連続で!!

怒りと通り越して、一気に気力が抜けました。

悲しくなりました。

最初の話と全然違う。

以前の雇われ社長の時の給料より低くなるのは、確かに了承しました。

しかし、誰がバイト代レベルで全責任のかかる社長業をせなあかんねんねん!!

さすがにバイト料レベルで社長をするのは正直キツイ!!

時給を完全に1000円下回っている(怒)

私は社長でありながらどの社員よりも低い給料なのです。

しかも人一倍努力して、結果を出して。

これは完全に私に対して不当な扱いをしようというのがよく見えます。

改革を任されたのですが、これではただ働きになりそうです。

以前、コメントで「いざという時に全部尻ぬぐいさせられるんじゃないの?」という指摘のコメントを頂いたことがあるのですが、あながちこれは嘘ではないと思ってきました。

事業改革に成功しても目に見える恩恵はなし。

そして失敗してもアルバイトレベルの給料なので大した被害も出ない。

というところでしょう。

正直このままだと、マジでやばいことになりそうな気がしてきました。

これだったらアルバイトのほうがいいですし、何もしないほうがお得です。

確かに現在は会社の状況は悪いです。

赤字ではないでしょうか?

ですので利益があまり出ていませんので社長が責任をとって減給を受け入れるのはわかります。

しかし全く受け入れていない人がいるのです。

私はそれが許せません。

会社のトップであるオーナーが最初に受け入れているのならわかりますが、逃げました。

今回ではっきりわかりました。

どう動くのか私はずっと見ていたのです。

だから私は自己主張をあえて抑えていました。

どう行動してくれるかと!!

それと同時に、

嫁さんに申し訳なくていっぱいです。

私は今まで何をしていたんだろうか?

嫁さんにいい夢見させるような夢を語って、現実はこれだもん。

安い給料から出発して、それでもめげずに努力して、ようやく一人前になれたと思って結婚して、そこから中々昇給出来なくて、育てる自信が無かったから子供を作るのを待ってもらって、雇われ社長に就任出来てようやく自信がついたと思ったら子供を作るのが出来ない年齢になってしまって、自分が働いてる意味が分からなくなって、所詮は雇われ社長なので改革をする権限もなく、とうとう精神的に限界が来て去年1年間の休養をもらった。

休養の1年間で私はまだ今の仕事のやり残しの後悔があったので、再び職場に本格復帰。

給料の減額は受け入れ、その代わり仕事の決定権はもらった。

そして頑張っていこうとした矢先に心を折るこの仕打ち!!

一体私をどうさせたいのだ?

辞めさせたい訳ではなく、給料も渡したくない。

結果が出るまでは渡さないということか?

だったら最初にそう言ってほしかった。

「最初はこれだけしか渡せない。けれども結果が出ればその分成果給としてぐんぐん上げていくから」と!!

わたしはそれはそれでやる気がでます。

しかし今回のようなだまし討ちみたいなことをされると正直信用できなくなります。

方針転換!!

会社改革は私の人生で今やっておかないと絶対に後悔すると思う。

今の仕事の自分の限界を知っておきたい。

なので改革は絶対に実行する。

しかしやり方を180度変える。

以前の考えはなるべく私の手と社員の力をあわせてなるべく自力で抜本的な改革を断行していこうと考えていました。

教育から初めて一から改革していこうと思っていました。

そちらのほうが時間と手間はかかるが本当の力が身に付くからです。

しかしこれだとさっき言ったように時間と手間がかかります。(お金はかかりませんが)

ですのでこれからは外部の業者を徹底的に利用していきます。

お金は当初よりも莫大に予算がかかりますが、仕事が早くなるのとプロの力が入りますのでより自分たちでやるよりも高度なことが可能になります。

しかしこれは自分の力が付きづらいことと費用がとにかくかかる。

しかしそんなことも言ってられません。

1日でも早く、結果を見ることが目標になってきた。

ですので短期成果を今後考えていこうと思います。

2年スパンで経過をじっくり見ていこうと考えていましたが気が変わりました。

1年以内で一気に今までの会社システムごと変更していきます。

2年目はその経過を見るので、2年目以降は私は給料分しか仕事をしません。

それと仕事中も合間を見つけがっつり副業を始めます。

仕事漬けを目指していましたが、今回で完全に搾取されることがわかりましたのでがっつりと去年から始めている副業の続きを始めます。

仕事のほうは結果が出ればがっつり今までのただ働き分を請求、結果が出なければこのノウハウを改良して私が次にやりたいことに反映していこうと思っています。

あと会社の経費をガンガンに使ってやろうとおもいます。

私が雇われ社長に復帰したのは、今までのようにお金を得ることのみではありません。

本当にお金だけではなかったのです。

今まで数十年やってきた仕事の集大成としてやり残したくないから復帰しました。

しかしそれを逆手に取る行為をされると正直がっかりしますし、悲しくなります。

あまり今の環境で仕事を長く続けたくはありませんので短期間で勝負しようと思います。

※正直今私が独立を宣言すれば、社員も全員こちらへ来ると思いますがそれもしんどいし、またお金がかかる・・・。

皆さんにアドバイスしておきますと、私の場合は特殊ですからね。

普通の人はすぐに転職することをお勧めします。

とにかく嫁さんに申し訳なさでいっぱいです。

苦労ばかりさせてる・・・。

たまに思うんですよ、私は別に嫉妬しないタイプなので嫁さんに前の彼氏の話を聞きますがその彼氏が今では何店舗も持っているパティシエになっているんです。

夢をかなえて成功しているみたいです。

よく冗談で「天秤にかけてあーくんを選んでん」と言われました。

しかしその人と結婚していれば嫁さんはもっと幸せになっていたのかもしれないって・・・。

子供もきちんと授かれて、金銭的にも苦労しなかったんじゃないか。

一方私のほうは途中までは何とか頑張りましたが、その後が伸び悩み。

何とかしようともがいたが逆に精神的に病んでしまう。

結局嫁さんの負担を増やしている状態。

不甲斐なさでいっぱいです。

申し訳なさでいっぱいです。

仕事の話に戻りますがあまり成果のない夢を追い続けても駄目ですね。

やはり1年で結果の芽が出ない場合は辞めようと思います。

それでごねられたら不当雇用で訴えます!!


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




スポンサーリンク
w広告画面下左




コメント

  1. crosspearl より:

    厳しい状況ですね><

    やっぱりダメになったものを良くするのは、まっさらな状態から変えるよりも時間も労力もかかってしまいます。その時間と労力に見合った金銭や待遇がなければやる気が出ないのは当たり前だと思います。

    私はあーくんさんほど厳しい状況ではありませんでしたが、どうしても我慢できないことや雰囲気になじめないこともありフルタイムは1か月で辞めてしまいました。

    給料も良かったので本当は続けたかったんですけどね。それでも毎日つらい雰囲気を出している私を見て妻が「辞めてもいいよ」と言ってくれたのは本当にうれしかったんです。

    私も妻に迷惑をかけていると思っていますが、それでも一緒にいてくれる妻をずっと大事にしていきたいと思っています。

    会社で頑張ることは悪くはないと思います。しかし一番大事なのは心から支えてくれる人のために活き活きと生きることだと感じます。

    くれぐれも体調にはお気をつけてお仕事してくださいね。

    (何の足しにもなりませんが、コメントだけですいません)

    • あー君 より:

      クロスパールさん:いつもお気を使ってくれましてありがとうございます。
      ちょっとウルッときてしまいました(笑)
      今日のことは本当にがっかりきました。もうちょっと会社の事、社員の事、そして私の事を考えてくれていると思っていたのですが自分の保身のことしか考えていませんでした。ですので最初は最低限の費用でなるべく最大限の効果がでるようにするにはどうすれば良いかを考えていたのですが、方針転換して最短で効果を出すにはどうすれば良いかを実行することにしました。ほとんどを外注にしますので当初の約8倍くらいの予算がかかりますが時間がありませんのでそうすることにしました。これなら成功と失敗のどちらかが比較的すぐにわかると思います。半分は正直なところ「この会社潰れてしまえ」と思っている自分もいます(苦笑)。
      そしてクロスパールさんの言う通り、心から支えてくれる人のために活き活きと生きることですよね。嫁さんにもよく言われます。「2年前の会社を辞めたいと考えていた時の表情は見ていて辛かった」って。お金も大切なんですが、大事な人が苦しんでいると私も苦しいですもん。今後気を付けないと!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。