皆さんの前に二つの選択肢がそびえ立っている


セミリタイアを目指している皆さんも悩んでいる人がいるのではないでしょうか。

僕はどちらの選択がいいのか、正直いうと迷っています。

事業で大成功した人や元々実家が大金持ちなのを除いてセミリタイアを考えたとき、大体の人はこの2つの選択肢に限られてくると思います。

分かれ道

少なくとも僕がこれからの人生を歩んでいくにあたって2つの選択肢が出てきました。

※あくまでも僕自身の未来シミュレーションをしたら2つの結果でるということです。一概に全員が当てはまる訳ではありません。あしからず。
スポンサーリンク
w広告画面下左




2つの選択肢

一つ目は、

「お金はあるけど自由にできる時間がない」か、

二つ目は、

「お金はそこそこしかないけど、自由に時間が作れる」

です。

一つ目の選択肢

一つ目の方は、会社がこのまま僕が65歳になるまで存続すると仮定して、そこそこ貯金しながら時間がない代わりにそれをモノに置き換えて人生を全うする生き方です。

多くの人がこちらの人生を選択していると思います。

定年まで仕事を頑張ってさほどお金に困らず生きる選択です。

今の貯蓄額や資産運用ペースを落として自分のご褒美としてある程度好きなものを買いながら、定年までガムシャラに頑張る。

おそらく65歳時点で資産運用ペースを落としても、約7000万円以上貯まる計算になります。

お金には困りませんが、残りの人生もうそんなに時間がありません。

二つ目の選択肢

速く退職するということは、当たり前ですがそこまでお金が貯まらず、且つ減るのも早いというこです。

少なくとも今まで安定していた給料を放棄します。入念なお金の管理はもちろんのことすべての責任が自分になります。言い訳が出来ません。

失敗したと思ってやり直そうにもそう簡単には出来ない年齢です。(ほぼ無理です)

自由というのは、やることなすことすべてが自分の思った通りにできますが、すべてが自己責任です。自由と責任は表裏一体なのです。

厳しいでしょうが、これが現実だと思います。

しかし比較的若い時分に退職するのですから、一つ目の選択時にはできないことが沢山出来ます。

みんながせっせと働いているときに時間を考えずにゆっくりと旅行をしたり、満足するまで趣味を満喫したり、気が済むまで寝ることができます(これが一番贅沢かも)。

人生は一回きりです。時間はどんなにお金を積んでも買えませんし、戻すことは出来ません。

逆に言えばセミリタイアは時間をお金で買うことなのかもしれません。貯まるはずだったお金を捨てて仕事を辞めることですからね。

皆さんはどちらを選択しますか

どちらを選ぶのも間違いではないと思います。

大変大事な選択なので自分とよく相談して決めたらいいと思います。

僕も正直に言いますと、こんなに「セミリタイアしたい」とブログで書いていますが、セミリタイア7:仕事を続ける3くらいで悩んでいます。

なので選択肢を増やすためにまずは自分の中で最低限セミリタイアをしても大丈夫のラインを目指しています。

そのラインに立った時に自分はどちらの選択を選んだら後悔しないのかもう一度よく考えてみようと思います。

セミリタイア出来る見込みのないやつがあ~だこ~だ言っても説得力ないですしね。

かっこよく言えば東大言っている人が文句言ってるならまだしも東大行かれへん奴が東大を語ってもなんも説得力が無いです。

≪今日のまとめ≫

どちらを選ぶのも間違ってはいないです。

どちらが後々「これをやっておけばよかった」と後悔する回数が少ない方を選択するかです。

死ぬときにいかに満足できるかです。


セミリタイアブログ村
セミリタイアブログ村に戻りたい人はこちらです。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




コメント

  1. crosspearl より:

    65歳は行き過ぎなのでやっぱり二つ目の選択肢になると思います。私は55歳まで働くつもりでしたがもうセミリタイアしても時間を取った方がいいのかなと考えています。
    もちろんお金は足りないですが今の責任が重いものより、アルバイト、正社員でも責任の軽い仕事の方が気楽でいいように感じます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。