「仕事を辞めたい」と言えば大体の人は反対します。その時の対処法!!


まいど、あーくんです。

嫁さんに以前から常に「いつか仕事辞めるから」

と口走っていたのですが、改めてちょっと真面目な顔で

「2年後くらいをめどに仕事辞めるから」

と言うと、ちょっと戸惑っていました。

よくある仕事の愚痴話の一つで僕が本気で辞めると思ってなかったみたい。

しっかりと解りやすく説明することが必要だな。

案の定の質問責め

案の定、あるあるの質問で、

嫁「辞めてからどうするの?」

嫁「生活水準、落とさなあかんのちゃうの?」

嫁「辞めて食べていけるの?」

嫁「家にずっとこもっているの?」

と矢継ぎ早に質問の嵐でした。

そりゃそうだよな。

普通みんなそう思うよな、僕だって逆の立場ならそう思うもん。

毎日のストレスがつらいのではやく辞めたいけどやっぱり周りに心配さす訳にはいかないな。

やはり少しでも収入を得ておきたい

5万でも10万でもちょっとでもいいから安定した収入を確保してから辞めないと僕もちょっぴり不安です。

僕が今の世界以外でも食べていけるのかと。

どうも性格的に根拠の無い自信はビビり症の僕には毛頭ない。

どうしても大丈夫だという根拠が少しでもほしい。

2年という長くて短い期間のなかで、なんとしても少しでも(5万でも10万でも)安定した収入を得る技術と事実を習得したいのです。

仕事とはいえ、つらいことはしない。これが最低限のマイルール

今の職場では、立場上どうしても先頭に出て対処していかなくてはならず、毎日がストレスフルです。

なのでわがままですが、セミリタイアを始めたら嫌なこと、ストレスが溜まることは極力したくないです。

自分でやりたいと思うものだけで収入を得たい。

少しでもやりたいことで収入を得ることが出来たら嫁さんや両親もちょっとは安心してくれるかな?

少しでも収入を得ることが出来たら後は今の仕事と同じでそれを積み立てて経験値を増やしていくだけですから。

何でもそうですが0から1にする過程が一番難しく大変だ。

1になれば2になり、3になりやすい。

頭打ちになるまで何事でも意外とスムーズに行けると信じているし、今までそうだった。

辞めると決めたら仕事のようにしっかりと説明して安心させよう

それにしても仕事を辞めるなんて冗談だと思っていたんだね?

そっちゅう言っていたんだが・・・。

僕の母ちゃんにも以前軽く言っておいたけど、いざ辞める時になったらびっくりするんだろうな。

やっぱりみんな将来への心配が一番大きいのかもしれない、もちろん僕自身もですけど。

今の営業の仕事のようにプレゼン用の資料を用意しておいた方が説得力がでるかもしれない。

グラフとかつくったりして、「収入は激減しますが、今の貯蓄がこれくらいで、今の生活費がこれくらいです。」

「よって無収入でも〇年間は現状の生活をしていても安心ですよ」

「そして、セミリタイアしたら基本今のような貯蓄はもうしないから、最低月10万円の収入を確保できたら今より自由な時間が作れるし今と同じか逆に良い暮らしができますよ」

みたいなね(笑)

「収入が減るとメリットも出てくる。」

「税金や社会保障費やレジャー費も休日に行くことが無く平日や閑散期に行くことが出来るから確実に消費が減少するから、貯蓄がある程度ある人はメリットが大ですよ、それと外食が極端に減り僕がもっと料理出来て負担が減ります。」

と。

よし、今度真剣に説明する時はプレゼン用の資料を作成しておいて誰にでも解りやすく説明出来るようにしておこう。

そして最後の決め台詞は、

「色々な世界を見て生きている実感が欲しい。僕は幸せになりたいし、周りをもっと幸せにしたいと思っている。その為に自分の人生をしっかりと自分の足で歩きたい」

「もちろん仕事もするよ(嫌なことは一切しないけど)」

これだね♪


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




スポンサーリンク
w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。