資産を確実に増やすには、収入増・支出減・資産運用の3点セットのみ!!


まいど、あーくんです。

貯金ってただやみくもにやっても続きませんよね。

私も節約して、毎月の貯金額もそこそこ入れていれていたのになぜか中々増えていかない時期がありました。

ちょっと貯まったと思ったら、緊急出費があったりしてかなりお金を貯めることを意識しておかないと中々難しかったです。

明確な目標が無い限り、無理して貯金しても結局は続きませんしね。

自分の性格に合った方法で着実に気分的に楽して貯めましょう。

スポンサーリンク
w広告画面下左




お金を増やす定義は単純だが難しい

貯金(お金持ち)の解りやすい定義がありました。

それは、

「収入を最大限に増やし、支出を最小限に減らし、その差額のお金で投資をする」

当たり前のことを言っていますが、そうすることで最大限にお金を回すことができ、これを確実に実行出来たら資産が増えます。

これを長期に渡って実行出来る人は、ほぼ確実にお金持ちになれます。

確かに私もその通りだと思っています。

理解できるけども実行出来ますか?

ただあなたは実行出来ますか?この単純な作業・・・。

「収入を最大限に増やし、支出を最小限に減らし、その差額のお金で投資をする」

これを紐解くと、

①収入源を最大限に増やし、

言わずもがな、最大限に努力をして収入を増やすことがもっとも確実にお金持ちになれます。

一番手早いのは今働いている会社で出世し収入を増やすことです。

もしくは自分の会社を設立して成功させることです。

大変な労力を要しますが、努力次第では天井はありません。

あとは、副業で収入を増やすことですかね。

②支出を最小限に減らし、

幾ら収入が増えても支出が多かったら、もちろん金融資産が増えません。

支出を減らすのは、きちんと支出管理が出来ればある程度は簡単に出来ます。

ただし、限度があります。

支出をゼロには出来ません。

大前提に収入が無いと幾ら支出を減らしても、いずれは資産がゼロになります。

③その差額のお金で投資する

いわゆる余裕資金を投資に回します。

投資と言えば株式投資と考える人も多いかと思いますが色々とあります。

株式投資・債券投資・不動産投資・外国為替投資・純金投資・最近流行の仮想通貨投資など多岐に渡ります。

多岐に渡りますが、目的は同じです。

金持ち父さん風に言えば、「お金を旅に出して、お金に働いてもらって稼いでもらう」ことです。

本当のお金持ちは大体ここのみで生活が出来ちゃいます。

ユニクロの柳井さんだって、ソフトバンクの孫さんだって、その他の名だたる大金持ちは既にビジネスでどうこうよりも自社の持ち株が膨らみに膨らんでその配当金でアホほどお金が入ってきます。

彼らにとって報酬(給料)なんてどっちでもいいレベルです。

よく会社の不祥事で「責任をとって○ヶ月分の給料を貰いません」的なことを言うことがありますが、大企業のオーナー社長の場合は別に痛くもかゆくもありません。

なんてうらやましい。

安定的に稼ぐにはある程度大きな資金が必要となります。

大体の人はそこまで行き着くまでに頓挫・挫折してしまうくらい過酷な道です。

なぜなら収入を増やして、支出を減らすという相反することを長期に渡って続けないといけないからです。

そして一度金持ちになると中々資産は減りません。

貧富の差がなぜ縮まらないのかというとここの部分が大きいのです。

お金持ちは、お金がお金を産む状態になっているからです。

(高収入・低支出・資産運用)3点同時を高次元でやれる人はほとんどいない

僕はこれまで色々な人を見てきましたが、上記3点を同時にこなしている人を見たことがありません。

ていうかちょっと無理な気がします。

極端な例かもしれませんが年収1200万以上の人が月4万円の郊外のワンルームに住んで、遊びにも行かずお金を使わない生活を続け、せっせと我関せず資産運用をしていく・・・。

めちゃくちゃに仕事で稼いでいる人は、やはり支出がどうしても大きくなります。

これは余程お金を貯めなくてはいけないことが無い限り仕方が無いことです。

会社をしている人はわかると思いますが、ある程度支出を大きくしてないとそれなりに良いお付き合いは出来ませんし、ストレスで押しつぶされます。

仕事をしていくうえで人付き合いはとても大事です。

嫌な言い方をすると、ある程度見栄やハッタリは必要なんです。

要は収入と支出のバランスなんでしょうが、それを気にしすぎている人はちょっと?な人が多いですね。(あくまでも仕事上のみですよ)

逆に支出をギリギリまでに絞っている人に大きく稼いでいる人はいるかもしれませんが、まあ私は身近に見たことがありません。

めちゃケチな人にお金が集まると思います?(ケチと堅実は違います)

人が集まると思います?

仕事が舞い込むと思います?

思わないでしょ、そういうことです。

3番目の本物の投資家さんはある程度バランスよく出来ていると思いますが、どちらかと言えば2番と3番が長けていると言うような気がします。

大きな仕事や投資をしようとすれば、大きく得ることが出来る反面、お金が出ていく可能性が大きくなります。

リスクとリターンの関係です。

お金を出さない(リスク)でお金を得ること(リターン)は基本的にはあり得ないことなのです。

収入を増やして、支出を減らして、投資をすることを同時にするのが難しい所以です。

自己分析して自分はどのタイプかを見分けるのが大事

要するに3つをすべて最大限にしている人は見たことがないということです。

この言葉を否定している訳ではありませんよ。

自分はどのタイプなのか?

世の中には1・2・3番とそれぞれの世界にお金持ち(資産家)がいます。

要は自分の性格がどれに向いているのかを把握することが大事です。

まずは自分の長所・性格(どれが向いているか)をよく分析することからを薦めます。

簡単に分けると、自分は社交的で情熱的で即行動に移すタイプだったら1番を伸ばす。

私は何事も計画的に忍耐強くコツコツとやり続けることが出来るという人だったら2番を伸ばす。

人一倍、勉強・分析・失敗しても引きずらないタイプの人なら3番で勝負してもいいかもしれません。

まんべんなくやることが出来ればいいが、性格なんて人それぞれです。

無理しても良いことなんて一つもありません。

結局は続きません。

人間ですので失敗するのは仕方が無いです、続かないのが一番の悪です

一番いいのは一番自分に向いていることを最大限に伸ばして、苦手な部分を理解して注意しておくくらいで良いと思います。

※何が悪かったのかを分析・理解することが大事。

それくらいでないと続きませんよ。

恥ずかしながら自己分析してみた

ちなみに自己分析すると、私はてっきり1番でもやっていけると思っていました。

現に社長までいきましたから・・・。

理由は男としては1番のタイプが何となく一番カッコいいから(笑)

でもかなり精神的に無理していました。

鬱寸前までいきました。

「俺には1番のセンスが無い」それを認めるのが怖かったです。

努力をすれば性格は変えれると思っていましたが、ある程度までは努力で行けましたがそれ以上がなかなか難しかったです。

何せ営業のくせに客と言い合うのがいまだに苦手と言う欠点付き。

いくら頑張っても天然で上には上がいることを思い知らされました。

なので今は2番を最大限に伸ばし、余裕資金でなるべく確実に資産を増やすという方法を取っています。※3番もいまいちセンスが無いと思っています。

良く言えば、私なりにある程度1番で頑張ったから余裕資金がそれなりに貯まり、2番に移りやすかったのかもしれませんがね。

よく言うではありませんか、武道の世界ではやり始めからある程度の域(黒帯)を取るくらいまでは長所を伸ばした方が良くて、それ以上の達人の域の人はそこからどう弱点を無くしていくかを問われると。

ちなみに弱点を無くす作業は、長所を伸ばす作業よりも莫大な労力と時間を要するとのことです。

ちなみに私の嫁さんは絶対に1番タイプだと思います。

会社で人徳があり、社交的で基本的にいつも明るい。

上司からも部下からも慕われています。

いつも周りに仲間がいるタイプです。

ただ当の本人は全く出世する気がない。(それがかえってライバルを作らなくていいのかもしれませんが)

私の真逆。

男だったら間違いなくかなり出世している人だと思います。

当の本人は「そんなことない」と謙遜していますが(笑)


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。