今の仕事を続けても、セミリタイアをしても不安になる面倒くさい性格


前もって言っておきますけど、自殺願望があるわけでは無いのでご安心を(苦笑)

いつもありがとうございます、あーくんです。

いやー今後の仕事のこととか将来のこととか色々と考えさせられることがありまして、あまりにも最近気分の沈みが長いので考えてみました。

考える時間があるのも考えものですよ。

何も考えずに馬鹿みたいに忙しくしている方がなんぼか精神的に救われます。

ちなみに夕方くらいまで頻繁に心臓がバクバク(動悸)してきて、深呼吸ばかりしてます。

軽いストレスなんでしょうか?

夕方4時くらいから治ってきてイッキに遅れている仕事を取り戻す毎日です。

今日の題名にも書きましたが「今の仕事続けても、セミリタイアをしても不安になる面倒くさい性格」と思うことが最近よくあります。

今の仕事は正直言いまして、あまり楽しくないです。

どちらかと言えばつらいです。

業界的には老朽化が酷く、国内のアパレル産業(靴もカバンも)は現在完全に斜陽産業と化しています。

個人売買レベルだと現在販売ツールが多いので問題ないのでしょうが、産業レベルで視るともう既製品の商売は日本では難しいレベルになっています。

以前のように精神的に肉体的に苦しくても業界自身に活気があり、結構忙しかったので自身の若さも手伝ってそんなことを考える暇もあまりありませんでした。

とにかくお金持ちになりたかったので、出世欲もありましたし。

今後細々とやっていくなら問題ないだろうが、それもね~、仕事をやる面白さにかけます。

どの会社ももうあまり余力がないから、遊び心が無くなり、売れ筋ばかり創ろうとして失敗するの繰り返しで完全に悪循環です。

例で言いますと、ユニクロのような資金に余裕がある企業でないと色展開が出来ない状態になっています。

一般店を見てみてください、何か暗いですよ~。

そりゃ黒とか茶色が一番売れるのは解っているけどその色だけ置いても売れません。

まあ中途半端に色々と置いてしまうと在庫の山でそれこそすぐ潰れてしまいますがね。

個人的には、何度も書いていますがいくら頑張って売り上げを上げてもオーナーの財布に入るだけなので、頑張るだけ無駄なのが解ったことです。

「そりゃボーナスがここ何年もないし、給料も1銭も上がらんわ」です。さすがにやる気なくすでしょ?

話が逸れましたが、かと言って今更この年齢で違う業界に行って一から仕事をするのは大変すぎます、覚える自身が無い。

今の会社で頑張ってそれなりの給料を貰えるようになりましたので。

なのでセミリタイアを目指していますが、いざシミュレーションをしてみると中々ハードルが高い。

現在の生活水準で計算してみると今の金融資産の約2倍の金融資産が要ります。

辞めても何とかなると、なるべく楽観的に考えるようにしていますがある程度の最悪の想定をしてみると段々と未来が怖くなってくるのも事実です。

※色々な本やネットの情報を見すぎたのも悪いかもしれません。毎日のように未来は真っ暗とかお金が無いみたいな情報を目にしちゃうので。

 最悪の想定とは、

  • 今後なかなか所得・不労所得が創れない
  • セミリタイアの生活が上手くいかず再就職を探すが、無職期間と年齢で難しく、就職できない
  • 年をとるに連れてぐんぐん資産が減っていく恐怖
  • なんだかんだで年金が問題なく支給されると、頼りにしている

だったら行けるところまで働き続ければいいのですが、精神的に持つのがあまり長くないのも事実・・・。

行くも地獄、残るも地獄で八方ふさがりで不安になります。

人生を楽しむためにセミリタイアを目指していたのにそれを目指すことで不安が増えてしまったような。

中々増えない金融資産、なかなか創れない不労所得・・・焦りは禁物だが精神的に持つのはあまり長くない。

一番いいのは、5年くらい心の療養を兼ねて好きなことをたくさんしてみてその中から新しい商売のヒントが出れば一番いいのですが、上手くいく保証はないしな。

5年たって何も考えて無かったらそれこそ焦る(笑)

今がちょうど僕のターニングポイントで何か新しく変わる時だから苦しいのだと言い聞かせるのだけど焦ります。

僕の中では答えは出てきているのですが、なかなか上手くいかないので辛くなってきているのだと思います。

《今日の僕の答え》

「僕のような性格の人は、金融資産をコツコツと貯めることよりも複数の収入源を得ることが心の安定につながる。しかしなかなか難しいので焦りを覚え、仕事と副業の両立が上手くいかず、息抜きが上手く出来ず、焦りだけが溜まっていく。つくづくお金を稼ぐのは難しいんだなぁ。」

てなところだろうなぁ。

にしても何だか疲れた・・・・。


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




スポンサーリンク
w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。