「精神論・根性論」、理不尽だけど言うことを聞かないと・・・


営業まわり

昨日は久々にはっきりした理由がなく気がめいってしまいました。

まだ完全に戻った訳ではないですが今日は土曜日なのでなんだかとても気が楽です。

ただ僕の会社は土曜日も仕事があります。

半日ですけれども。

スポンサーリンク
w広告画面下左




いまだに意味がわからない


いまだに土曜日に出勤する意味が解りません。

昔みたいに忙しいならまだしも、今の土曜日は正直会社に出てきてもあまりすることがありません。

周りが出てきているから何となくみんな出勤してくる感じです。

ですので以前に出勤する意味もあまりなく、逆に色々と経費がかかるのでいっそのこと週休二日制を導入して効率化を図った方がいいと提案しましたが却下されました。

理由は「みんな出てきているから」です。

意外とどの会社も多いみたいです


意外とどの会社も多いみたいです。

別に意味もなく残業したりとか不効率なことをあえてやっていたりとか。

何なんでしょう、この無駄。

経営者はこの無駄を極力省いて利益の最大化を常に考えて改良を加えていった方がみんな楽になるし、利益も上がるし良いと思うんですけど、何か常に一生懸命やってように見えるやつが評価されるみたいな感じ。

勿論土曜日でるのも費用対効果が低いのがわかっているので会長は何年も前から来ていません。

けど下には無理強いさす、何かやりきれません。

日本独特の会社構造


最近あったニュースで電通さんの過労死の話もそうですが、あんなに大きな会社でもあそこまで酷使されます。

死ぬ寸前まで仕事をして、それをこなしたやつが偉いみたいな風潮がどの会社にもあるような気がします。

昔の発展途上国時代のように右肩上がりでやればやった分だけ成果がでる時代ではもうありません。

まるで昔の軍隊やスポコンアニメみたいです。

効率化よりも根性論・精神論が勝るみたいな。

この日本独特の美学みたいなの、何とかなりませんかね。

効率化・合理化を進めたうえで根性論・精神論ならよくわかるのですが。

正直、日本は先進国かと思っちゃいます


話が大きくなりすぎましたけど、いくら提言しても無駄なのでもう何も言いません。

責任が重くなるだけですしね。

このままおとなしくして、コツコツとセミリタイアに向けてまずは自分の為に頑張ります。

これで鬱病にでもなってしまったらそれこそ本末転倒ですし・・・。

結局なところ、自分を守れるのは最終的には自分しかありません。

今日のまとめ

理不尽さに負けそうになりますが、自分を信じて自分の目標を達成する為に頑張ろう。

そうすれば理不尽なことも「あともうちょっと」と思って頑張れます。


スポンサーリンク
w広告画面下左




w広告画面下左




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。